Skip to content



免許取得の流れ

Home > 免許試験のご案内 > 免許取得の流れ
  • Font Size
  • 次のフローチャートでそれぞれのステップをクリックすると、当該のページに移動します。
  • 免許証の臓器提供意思表示については、「お知らせ」をご参照ください。(クリック) click here!
Process 交通安全教育 身体検査 学科試験の受付 学科試験 技能試験の受付 技能試験 仮免許の発給 道路走行試験の受付 道路走行試験 本免許の発給

交通安全教育

交通安全教育は、学科試験を受ける前に免許試験場内にある「交通安全教育場」又は交通安全教育機関として指定された場所(自動車教習所)で実施します。

  • 免許取消者を対象とした特別交通安全教育について click here!
  • 受験者向けの交通安全教育の日程 click here!
  • 受験者向けの交通安全教育の予約受付 click here!
交通安全教育
項目 教育安全教育 取消者向けの安全教育
受講対象 運転免許を取得しようとする者 免許を取り消され、再取得しようとする者
教育時間 学科試験を受ける前に1時間 学科試験を受ける前に6時間
教育場所 免許試験場内の教育場で受けられる。 道路交通公団内の教育場所及び
免許試験場の教育場でも受けられる。
教育内容 視聴覚教育 取消しの事由により法規クラス、飲酒クラス
持参物 手数料: 無料、
身分証明書 (身分証明書としてご利用可能なもの)
手数料: 24,000ウォン、
身分証明書 (身分証明書としてご利用可能なもの)

身体検査

身体検査
項目 内容 備考
場所 試験場内の身体検査室又は身体検査指定病院 (リンク)
太白試験場、江陵試験場には身体検査室がないため、指定病院で検査を受けなければならない。
手数料 試験場内の身体検査室: 5,000ウォン、指定病院は病院ごとに相違する。

学科試験の受付

学科試験の受付
項目 内容 備考
持参物 受験願書、
カラー写真3枚 (写真の規格), 身分証明書 (身分証明書としてご利用可能なもの)
手数料 1、2種普通:7,500ウォン 、原付:5,000ウォン、2種小型:7,500ウォン

学科試験

学科試験
項目 内容 備考
試験方法 3択、4択、多肢選択式(4、5、6肢)で40問
試験内容 運転免許の種類や管理など
自動車の運転に必要な知識など

技能試験の受付

学科試験の合格者が技能試験を受けたり、技能試験を受けて不合格となった者が再度受験するために受け付ける場合です。

技能試験の受付
項目 内容 備考
持参物 受験願書、身分証明書 (身分証明書としてご利用可能なもの)
代理人が受付を行う場合、代理人の身分証明書及び委任者の委任状を添えること。
手数料 1、2種普通: 18,600ウォン 1種特殊:トレーラー/レッカー
1種大型: 17,000ウォン、1種特殊: 17,000ウォン
原付: 6,000ウォン、2種小型 : 7,500ウォン

技能試験

技能試験
項目 内容 備考
採点項目 停止状態での運転装置の操作 : ヘッドライト、方向指示器、ワイパー、ギアチェンジ
運転状態での運転装置の操作 : 50mを走行しながら車路遵守、突発時の急ブレーキ
合格基準 コンピューター採点機を用いて減点方式で採点
1種大型及び1、2種普通:80点以上
1種特殊、2種小型、原付:90点以上
失格基準 安全事故を起こした場合
試験官の指示及び統制に従わないなど、正常な試験の進行が困難な場合
エンジン始動の指示を3回出しても、エンジンがかからない場合
スタート指示を3回出しても出発できない場合
パーキング・ブレーキをかけたまま出発する場合
スタート指示を出してから5分以内にゴール地点に着くことができない場合
出発時から終了時まできちんとシートベルトを着用しなかった場合
その他 筆記試験に合格した日から1年以内に技能試験に合格し、仮免許を取得しなければなりません(受験願書の有効期間は最初の筆記試験を受けた日から1年間とし、第1種普通仮免許又は第2種普通仮免許を取得した場合は、その仮免許の有効期間とします)。
技能試験を受けて不合格(自動車教習所で不合格となった履歴も含めて)となった者は、不合格となった日から3日経過後、再度受験することが可能です。
例)3月1日に不合格となった場合、再度受験できるのは3月4日から。

仮免許の発給

仮免許とは、道路走行を練習するために許可した免許証です。

仮免許の発給
項目 内容 備考
発給対象 第1、2種普通免許試験の受験者で、適性検査、学科試験、場内技能試験(自動車教習所の修了者は技能検定)いずれも合格した者
手数料 : 3,500ウォン
有効期間:1年

道路走行試験の受付

仮免許証の所持者で道路走行試験を受けるために、受験日付と時間を指定されます。

道路走行試験の受付
項目 内容 備考
持参物 受験願書、身分証明書 (身分証明書としてご利用可能なもの)
代理人が受付を行う場合、代理人の身分証明書及び 委任者の委任状を添えること。
免許証所持者は免許証を持参すること
手数料 道路走行 25,000ウォン

道路走行試験

道路走行試験を受け付けた際に指定された日に、免許試験場の道路走行試験場にて実施します。
(A、B、Cコースのうち抽選によって択一、コースは試験場の状況に応じて異なる)

道路走行試験
項目 内容 備考
試験コース 総延長5km以上
試験項目 運転姿勢、制動装置及び操舵装置の操作、直進及び右・左折、進路の変更、縦列駐車など31項目
합격기준 70点以上
試験官が採点票に基づいて減点方式で採点
失格基準 3回以上出発できなかったり、又は受験者が試験を放棄した場合
「クラッチの操作ミスによるエンジン・ストップ」 が5回以上あったり、その他の事由により運転能力が著しく不足していると認められた場合
交通事故を引き起こした場合及びその恐れがある場合
試験官の指示及び統制に従わなかった場合
既に減点された点数の合計が合格基準に達しないことが明白な場合など
歩行者保護義務の違反、信号又は指示違反、センターライン越え、児童通学バス保護義務に違反した場合
出発時から終了時までシートベルトをしっかり着用しなかった場合
その他 道路走行試験は、仮免許の有効期間内に合格しなければなりません。
(有効期間が過ぎた場合、改めて学科、技能試験に合格して仮免許を再取得しなければなりません)
道路走行試験を受けて不合格(自動車教習所で不合格となった履歴も含めて)となった者は、不合格となった日から3日経過後、再度受験することが可能です。
例) 3月1日に不合格となった場合、再度受験できるのは3月4日から。

本免許の発給

各種の免許種別(1種大型、1種普通、1種特殊、2種普通、2種小型、2種原付)による科目に最終的に合格した場合、本免許を発給します。

本免許の発給
項目 内容 備考
発給対象 1、2種普通免許 仮免許を取得し、道路走行試験(教習所の卒業者は道路走行検定)に合格した者に発給
その他免許 学科試験、場内技能試験に合格した者に発給
発給場所 運転免許試験場
必要書類 最終合格した受験願書、合格案内書、手数料7,500ウォン
カラー写真1枚 (写真の規格), 身分証明書 (身分証明書としてご利用可能なもの)
代理人が受け取る場合は、代理人の身分証明書及び本人(委任者)の委任状を添えること。